社会福祉法人 多摩同胞会

私たちは家族を支援します

文字の大きさ

多摩同胞会を知りたい方

多摩同胞会を知りたい方

法人トップ > 多摩同胞会とは > 広報誌 季刊しんあい

広報誌 季刊しんあい

季刊しんあい

情報開示は「季刊しんあい」から

「季刊しんあい」は、老人ホームへの理解を深めていただくことを目的に、1982(昭和57)年に創刊されました。以来、 ご利用者の日常の様子や、法人の取り組みなどをご家族や地域の方々にお伝えしています。
みなさまに毎号楽しくお読みいただけるよう、各施設から選任された 編集委員が子育て支援と高齢者介護に共通するテーマを横断的に取り上げ、取材しています。
これからはこのホームページと連携しながら、情報発信してまいります。

 

最新号

しんあい114号

「季刊しんあい」120号 (2021年12月20日発行)

第120号(2021年12月20日発行)の表紙は、緑苑「秋のみどり展」からの一枚です。ウェブサイト上では引き続き「オンラインみどり展」として公開していますので、是非ご覧ください。

「社会福祉法人を考える 11」は「新型コロナウイルス感染症と当法人の動き(その3)」と題して、2020年1月から始まった新型コロナウイルス感染症への対応について、非日常のなかで日々の生活を支援する社会福祉施設の「闘い」のような試行錯誤の連続の取組をまとめています。今号では高齢者福祉施設、次号では母子児童福祉施設をとりあげます。

特集は「わたしの施設の自慢の職員 Part.3」として、各施設から自慢の職員を推薦し、ご紹介しています。それぞれの職場で、職種ごとの専門性を活かして、ご利用者に寄り添った支援に努めています。

多摩同胞会では、一般事業主計画を策定し、職員のみなさまが仕事もプライベートも充実した生活を送れるように取り組んでいます。今回計画の更新に際して、第5期次世代育成支援・女性活躍推進行動計画の結果を報告するとともに、第6期計画についてお知らせしています。

施設だよりでは「2021年をふりかえって」と題して各施設の特色のある2021年の取組をお伝えします。

ニュースミニミニではきずなからの「きずなへの嬉しい贈り物」と岩本町ほほえみプラザ「秋のほほえみ展」と緑苑「秋のみどり展」をお送りします。

 

季刊しんあい第120号をご覧いただき、是非感想をお寄せください。
ご意見やご感想は問い合わせフォームよりお送りください。


「季刊しんあい」第120号PDFファイル(2.58MB)

 

 

 

既刊号(PDFファイル)一覧

Adobe Readerのダウンロード

PDF (Portable Document Format) ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader(旧:Acrobat Reader)等のアプリケーションが必要になります。
最新のAdobe Readerプログラムを入手する

これより以前の号につきましては、下記までお問い合わせください。

多摩同胞会 しんあい編集部  TEL 042-367-8801