多摩同胞会

私たちは家族を支援します

文字の大きさ

法人トップ > きずな

きずな

自立の意欲がわき立つような支援を

季節のおたより

2020年1月6日

門松

門松は、お正月に家の門の入口などに飾られる松や竹などで作った一対の正月飾りです。古くは、木の枝の先に神が宿っていると考えられていたそうです。今年も立派な門松が作られ、年神様(毎年、お正月にやってくる、豊作や幸せをもたらす神様のこと)が迷うことなく網代ホームきずなに迎い入れる目印になれたのでは、と思います。

母子支援員 I

きずなは、法人発祥の地で、地域の方々とともに歩み、育まれてきました。
「母と子のきずな、家族のきずなを断ちきることなく」という創設の目的にのっとり、ひとりひとりの生き方を支えています。
入所する母と子に、安心・安全の場を提供し、恵まれた自然の中で、自立の意欲がわき立つような支援を心がけています。

ポイント1

豊かな自然に囲まれた心落ち着く生活環境

ポイント2

"母と子のきずな"を守る、専門的な支援

ポイント3

施設の中に学童・保育室がある充実した保育支援

きずな

TEL 042-596-0121

FAX 042-596-0873

kizuna@tama-dhk.or.jp

お問い合せフォーム