社会福祉法人 多摩同胞会

私たちは家族を支援します

文字の大きさ

きずな

きずなのメニュー

法人トップ > きずな > 施設長あいさつ

施設長あいさつ

施設長 片岡 高博

「網代ホームきずな」は、終戦から1年4カ月、戦後の混乱も未だ収まりきっていない1946年(昭和21年)12月13日、社会福祉法人多摩同胞会の最初の施設として、今と全く同じ場所に「網代母子寮」という名称で誕生しました。

以来今日まで、水清らかな「秋川渓谷」と標高300mに及ぶ緑豊かな山林の狭間の地で、ご利用者おひとりおひとりに安らぎの場を提供しそれぞれの生き方を支え続けてきました。また、自治会活動や四季折々の行事を通じて地域の方々と積極的に交流し、子どもたちへの支援と福祉の発展・向上に努めています。

開設当時は終戦直後の疲弊・混乱の世でしたが、近年は少子高齢化や景気の低迷といった社会不安の高まる中、集中豪雨・地震などの天変地異が多発し、2019年には全世界が新型コロナウイルス感染症の大流行に見舞われ、今も尚人々の生活に影響を及ぼし続けています。不穏な空気の今だからこそ、改めて創設の原点に立ち戻り、私たちはご利用者・地域の方々に少しでも安心と安全、やすらぎと楽しさを提供し続けていきたいと考えています。

今後ともご指導、ご支援のほどをどうぞよろしくお願いします。

網代ホームきずな
施設長 片岡 高博

 

きずな

042-596-0121

FAX 042-596-0873