多摩同胞会

私たちは家族を支援します

文字の大きさ

法人トップ > 多摩同胞会からのおしらせ > 広報誌「季刊しんあい」最新号を掲載しました

広報誌「季刊しんあい」最新号を掲載しました

広報誌「季刊しんあい」第115号を掲載しました

ぜひご覧ください

季刊しんあい115号
PDFファイル(1924KB)

 

第115号(2020年9月20日発行)の表紙は手づくりおやつを手にする泉苑食事係の職員です。委託や外注される施設が多いようですが、当法人では職員がご利用者の三食+おやつの献立を考え、そして調理しています。

「社会福祉法人を考える6」は法人の原点でもある母子寮・母子生活支援施設のあゆみがまとめられています。母子・父子家庭支援のために今後ますます必要性を増す施設です。

「2019年度事業報告および決算報告(概要説明)」では、事業報告の概要、事業活動計算書の概況とともに従前は別刷で作成していた事業実績一覧と決算報告を掲載しています。

施設だよりでは「〇〇の秋」をテーマに各施設からの秋の様子をお伝えします。

裏表紙のボランティア紹介では、信愛寮で約30年以上の歴史をもつ”歩けサークル”の講師をご紹介しています。実は元職員の方で、私たちにとっては大先輩にあたります。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在はボランティア活動のほとんどを中止いただいていることがとても残念ですが、近い将来に活動再開をお願いできる日がくることを信じています。その際にはまたどうぞご支援・ご協力のほどよろしくお願いします。

 

「季刊しんあい」のページから、ぜひご覧ください。

ご意見やご感想は問い合わせフォームより是非お寄せください。

2021年2月1日更新

お知らせ

法人事務局