多摩同胞会

私たちは家族を支援します

文字の大きさ

法人トップ > あさひ苑トップ > あさひ苑から季節のおたより

あさひ苑

あさひ苑から季節のおたより

2020年度 <2020年4月~2021年3月>


春の花

あさひ苑周辺の桜の便りは、もう少しだけ先のようですが、デイサービスの食堂にはすでに春が訪れています。週替わりで食堂のテーブルごとに一輪挿しで飾られている花々ですが、ご利用者の皆様からの反響が多くあります。ご利用者同士はもちろんのこと、職員との会話の懸け橋に一役買っているのです。花を見ていると気持ちが癒され、会話が弾み、自然と笑顔になってしまいます。あさひ苑名物の桜のトンネルをお散歩するのが今から楽しみです。

2021年3月18日 通所介護サービス K



紅梅

あさひ苑の庭に、待ち遠しかった春の足音が聞こえてきました。あたたかな光に包まれて、寒さからほどけるように、紅梅の花が咲き始めました。見ているこちらの心までポカポカと温かくなってきます。その花姿に思わず「綺麗だな」と…。
春の訪れをバトンリレーして、皆様の心にも花便りが届きますように。

2021年2月25日 地域包括支援センター I



小豆粥で乗り越えて

新しい年を迎え 早2週間が過ぎました。
1月15日は小正月で旧暦のお正月にあたります。あさひ苑では朝食で小豆粥を提供しました。
小豆の朱色には邪気を祓う力があると言われ、小豆粥を食べることで一年間の無病息災を願ったとされています。
寒い日が続く中、感染症対策をしながら外出もできず身体も縮まってしまいがちですが、植物も芽吹く準備をして花が咲くのを待っていると思います。
春が待ち遠しいです。

2021年1月18日 食事 Y



餅つき

朝夕寒さが増して冬の訪れを感じる日々となりました。
12月イベントの一つとして「餅つき」が企画されました。
例年には1階に皆で集まり開催していましたが、今年はコロナの影響で各フロアでの開催となりました。
12月6日に2階、12月13日に3階で行われ、皆様が臼を囲み、数名の入居者の方が職員と一緒に杵を振って餅をつきました。つきたてのお餅と甘酒をいただき、中にはお餅をおかわりして3皿から5皿、甘酒もおかわりして2杯の方もおられ、年末気分と美味しいいお餅と甘酒を堪能されていました。

2020年12月21日 医務室看護 Y



LED照明に変えました!

省エネ対策で始めたLED照明化もようやく全館の交換が終わりました。
日頃何気なく通っている廊下も驚く程、明るくなりびっくりしています。
デイサービスのご利用者からも「明るくなったら気持ちも何だか明るくなったわ」、「電球ひとつでこんなにも変わる物なのね」と評判は上々です。
不思議なもので、使っているうちに当たり前の明るさになってしまうのでしょうが、いつも心は明るいLED照明のようにいたいものです。

2020年11月20日 居宅 T



アマビエの仮装の準備

写真を見て何だかわかりましたか? 答えは…江戸末期に「病気が流行したら自分の姿を写して人々に見せるように」と伝えて海中に消えたと伝えられているアマビエの鱗と長髪です。ひだまり倶楽部では新型コロナウイルスの感染が終息することを祈願しながら鱗と長髪を作成、ハロウィンにはソーシャルデイスタンス取りながら、苑内を練り歩こうと計画中です(毎年2Fや3Fもハロウィン仮装で練り歩きますが、今年は感染予防の為に1Fのみです)。作ること、見てもらうことで新型コロナウイルスが沈静化しますように。
さて、これを着るとどうなるでしょうか・・・。

2020年10月19日 デイ ひだまり倶楽部 K



敬老会

あさひ苑では9月6日、9月13日に敬老を祝う会を開催致しました。
感染症対策のため式典や演芸を行えない年となりましたが、ご家族様からのお祝いのメッセージをお伝えし、普段の生活では見られない「父」や「母」としての表情を見ることができました。中には涙を流される方もいらっしゃいました。例年とは異なる敬老を祝う会となりましたが、ご利用者の皆様の心が温かくなるようなひとときを過ごされました。

2020年9月18日 ホーム2階 S



夏のひと時活動

あさひ苑ではソーシャルディスタンスを保つため例年開催している納涼祭を中止し、規模を縮小して夏のひと時活動として各階でご利用者の皆様に楽しんでいただきました。キラキラした笑顔でアイスやチョコバナナを食べ、ヨーヨーをすくいました。皆様の笑顔を見ていると職員も嬉しくなり、ご利用者の皆様と一緒になって楽しみました。

2020年8月25日 ホーム3階 T



ゴーヤの赤ちゃん

府中市高齢者住宅うらら多磨は西武多摩川線に隣接していますが、線路と建物の間に1メートルぐらいの植栽ゾーンがあります。今、そこを家庭菜園としていろいろなハーブやゴーヤの栽培を行っています。写真は梅雨の中休みの晴れ渡る文月の空に映える深緑のゴーヤです。大きく見えますが接写したので実際はまだ5センチぐらいの赤ちゃんです。「早く大きくなーれ!大きくなったらおじさんが美味しいチャンプルに変身させますよ!」

2020年7月3日 うらら多磨 T



夏物衣料品販売

梅雨入りし、蒸し暑い時期になりました。
ホームに入居されているご利用者は夏物の衣料品の買い物をします。
ただ、残念ながら現在は新型コロナウイルス感染予防の対応の為に、例年通りの買い物は難しくなってしまいました。
あさひ苑では大きなテレビでZOOMを使用して買い物をしています。
ご利用者の皆様においては慣れないZOOMですが画面の向こうの店員さんが商品を勧めてくださると「これもいいね。」「ヒョウ柄の服は派手だからいいわ。」とやりとりを楽しみながら買い物をされていました。
初めての試みですが、少しでも買い物の雰囲気を感じていただき、衣替えを行って暑い夏に向けて準備をしています。

2020年6月18日 ホーム I



マスクをした鯉のぼり

陽射しが強くなってきたように思える今日この頃です。先日は気温が30℃近くまで上昇し真夏日でしたね。
そんな暑い最中でもコロナウィルス対策の為にマスク着用しなければなりません。利用者の方々にもマスク着用の啓蒙の為に、子供の日の鯉のぼりにもマスクを着けてもらっています。廊下の壁に悠遊とマスク着用の真鯉・緋鯉が泳いでいます。
桜ももう新緑の中小さいサクランボの実をつけています。一生懸命に生きる力を感じます。
皆様も感染予防と熱中症予防と色々と予防が必須となっていますが、気力と忍耐で頑張っていきましょう。

2020年5月19日 通所介護 S



お花見御膳

今年の桜の開花は早く、そして途中冷え込む日もあり、あさひ苑を囲むかの様に咲く桜は、例年より長く楽しむ事が出来ました。
あさひ苑では、毎年ご利用者の皆様が生活される各階やお部屋から、窓越しに桜を見ることができます。
この春には、あさひ苑の食事係で<お花見御膳>を用意させていただき、ご利用者の皆様は桜を見ながらの昼食会を楽しみました。一方で職員はと言うと、ご利用者の皆様と一緒に<お花見御膳>を楽しむことはできず…。変わりと言っては何ですが、出退勤時にあさひ苑周りの桜のトンネルを通り、毎年のように楽しんでいます。

2020年4月16日 地域包括支援センター I



あさひ苑

〒183-0003東京都府中市朝日町3-17-1交通案内

TEL 042-369-0080

FAX 042-365-4683

asahi@tama-dhk.or.jp

お問い合せフォーム

あさひ苑 トップページ