法人トップ > かんだ連雀トップ > かんだ連雀から季節のおたより 平成24年度

かんだ連雀

  • 相談事業
  • 在宅サービス
  • 滞在サービス
  • 入所サービス

 

かんだ連雀から季節のおたより

平成29年度 | 平成28年度 | 平成27年度 | 平成26年度 | 平成25年度 | 平成24年度
平成23年度 | 平成22年度 | 平成21年度 | 平成20年度 | 平成19年度

平成24年度 <2012年4月〜2013年3月>


さくら

3月春分を過ぎ桜が開花しました。
千代田区内にも桜の名所が靖国神社や皇居周辺の公園・お堀など何箇所かあります。
そのうちの一つ?ではありませんが、かんだ連雀の建物前にも桜の木があります。
毎年、桜が咲くと近隣の散歩の時にご利用者と一緒に見に行きます。
数日前まで施設の2階から桜のつぼみを間近に見ていましたが、ここ最近の暖かさでつぼみは大きくなりたくさんの桜が咲きました。
外も暖かく、ご利用者と一緒に桜をみて季節を感じていきたいです。

2013年3月21日 かんだ連雀職員T



雛人形

2月3日の節分が過ぎると、その1ヶ月後にやってくる「ひな祭り」の準備が始まります。
他行事と違って、3月3日を過ぎてから飾ってはおけない雛人形ですから、できるだけ早い時期に飾ることが重要です。
たくさんのご利用者に観ていただくため、今年は例年になく早い時期に設営をいたしました。このお雛様を観て笑顔のご利用者様がひとりでも増えますようにと願いを込めて。

2013年2月20日 かんだ連雀職員H



触れ太鼓

ご利用者が待ち構える中、威勢のよい太鼓の音と張りのある呼び出しの声が響きます。
「相撲は明日が初日じゃぞんぇー」
1月12日は、大相撲初場所初日の前日。
今年も「触れ太鼓」が連雀に立ち寄ってくださいました。
太鼓を打ちながら、初日の顔合わせを触れ歩く「触れ太鼓」は、宣伝機関がなかった江戸時代の名残だそうです。
両国に程近い神田ならではの歴史の重みと、新しい年を迎えた事を肌で感じるひと時でした。

2013年1月15日 かんだ連雀職員K



ゆず湯

冬至も過ぎましたが、かんだ連雀のお風呂では1週間ゆず湯を行いました。
浴槽に柚を浮かべ、浴室全体に柚の香りが漂っていました。
ゆず湯は、ご利用者にとってなじみ深く、「これで今年も年が越せる」「肌がすべすべしたわ」など、皆さまには大変好評で、身体も心も温まりました。

2012年12月25日 かんだ連雀職員N



スイートポテト

秋といえば「紅葉の秋」「運動の秋」「読書の秋」そして「食欲の秋」ですね。
かんだ連雀デイサービスでは、ご利用者に秋を感じていただけるよう、おやつ作りで秋の味覚であるさつま芋を使って「スイートポテト」を作ります。
出来上がりをオーブンから出すとスイートポテトの甘い香りが周囲に漂い、ほおばるとふんわりとお芋とバニラの香りが口に広がります。
目と鼻、そして口の中でも秋を楽しめる1品になりました。
皆様も、是非作ってみてはいかがでしょうか。

2012年11月22日 かんだ連雀職員T



すすき

日も短くなり、外では木々が紅葉し始めました。
夏は、職員は汗だくに動いていましたが、最近は日差しのよく差し込むかんだ連雀の中では少し汗ばむなと感じる程度。
ご利用者は衣替えを行い湯船で温まる事が気持ちよい季節になってまいりました。
インフルエンザや、風邪が流行し始める時期、ご利用者、職員共に健康第一、これからも笑顔で過ごしていきたいと思います。

2012年10月31日 かんだ連雀職員N



夏の思い出

いつまでも暑い日が続きます。
花火大会・夏まつり等、いろいろあった出来事が思い返されます。

とはいえ、夏の疲れが体調の変化に現れるのは、これからの時期です。
まだまだ、水分補給に注意しながら体調管理には十分注意していきたいと思います。

そうすれば、食欲の秋はすぐにやってきます。

2012年8月28日 かんだ連雀職員T



梅雨の晴れ間に

関東地方も梅雨入りしてうっとうしい季節になりますが、先日、その晴れ間をぬって担当職員が網戸の掃除を始めました。
曰く、「毎年一回だけど、きちんと掃除しておけばいつまでも長持ちするんだよ」と、エコな発言。
でもそれは、特別なことではなく毎年決まって作業している担当者の口から出た自然な言葉でした。

ご利用者もこれからの暑さにも負けず元気にこの夏を乗り切ってください。
もちろん職員自身の体調管理もしっかり行ってまいります。

2012年6月14日 かんだ連雀職員O



鯉のぼり

今年は寒暖の差が激しく、桜もあっという間に散ってしまい、なかなか上着を手放すことができませんでしたが、5月になりようやく春らしく暖かい気候になってきました。
ここ、かんだ連雀の各フロアでも、端午の節句の飾り付けをおこないました。
優雅に泳ぐ鯉のぼりのように、皆様が安心して快適に過ごしていける環境作りを今後もしていきたいと思います。

2012年5月7日 かんだ連雀職員A



たらの芽

春の山菜の王様と言えば、やはり“たらの芽”。
今年は、陽気のせいで畑の物でも写真の通り、まだまだ天ぷらにするには程遠い大きさです。
でも、空気と空は確実に春に向かって季節が変わっています。

いよいよ新年度を迎え、これから新しい芽がどんどん伸びて、社会に羽ばたく季節になりました。若い者に負けないように気合いを入れ直して邁進して行きたいと思います。

2012年4月2日 かんだ連雀職員I



このページの先頭へ