採用情報

先輩職員からのメッセージ

相談員

綿貫写真

綿貫 順

  • 職種:相談員
  • 資格:社会福祉士・精神保健福祉士 ・介護支援専門員
  • 所属施設:かんだ連雀
  • 担当:高齢者あんしんセンター神田(地域包括支援センター)
  • 出身校:文京学院大学

現在、私は神田地区の地域包括支援センター(高齢者あんしんセンター神田)にて、相談員をしています。主な業務内容として、神田地域の高齢者総合相談、要支援者のケアプラン作成を行っています。「最近、母の物忘れが進行して生活に支障が出始めている。」「入院をきっかけに、1人暮らしが心配になった。」など、ご相談内容は1人1人異なります。ご自宅もしくは入院中の病院を訪ね、その方の身体状況や生活歴を把握し、必要な制度やサービスの情報提供、手配を行います。
相談後、ご本人や家族から、安心されたご様子が伺えたり、感謝のお言葉をいただく事もあり、そんな時、専門職としてのやりがいを感じます。
センター内には、センター長を始め、他7名の職員(看護師、保健師、(主任)ケアマネジャー)がいる事で、密な連携により多面的な視点から支援にあたることができ、また緊急時は他部署と協力しながら対応を行うことが可能です。このような「チームケア」は何よりの強みであると感じています。
多摩同胞会で働き始め8年、地域包括支援センター相談員としては、5年目の節目となっている今年度。
「人生の大先輩である高齢者の皆様が、年齢を重ねることが理由で、自分や家族だけでは生活を支えられなくなった時、専門的知識(プロ意識)をもって介護や支援ができる福祉士になりたい。」という学生時代からの想いと、法人理念である「家族支援」「最も困っている人のいのちと生活を支える」事を基盤として、今後も成長を重ねていきたいです。

 


職員からのメッセージトップへ戻る