多摩同胞会

私たちは家族を支援します

文字の大きさ

法人トップ > 事務局 > 事務局

事務局

事務局

  • 各施設との連携によりサービスの向上に努めます

 

事業内容

事務局の業務は、法人事務局としての法人運営に固有の業務と、各施設の管理部門としての事務局業務があります。事務局本部に管理・財務管理・労務管理・庶務の4部門をおき、経理・介護請求・庶務については業務集約をしています。また、各施設との連携によりサービスの向上に努めています。

各施設には事務局職員が1~2名ずつ配属され、事務局全体の協力体制のもとで日々の業務に取り組んでいます。

 

担当業務

管理

法人固有の業務に関する事務及び法令遵守推進のための管理事務を担当します。
一層の重要性を増している情報管理について、各施設と協力しながら取り組みます。

 

財務管理

財務管理の目的は、法人が理念に基づき地域におけるサービスの提供を継続していくために、安定した法人・施設運営に求められる財務の健全化を推進することです。
2012(平成24)年度に導入された会計基準及び経理規程に基づく適切な会計処理を推進します。また厳しい財務状況のなかで中長期財務計画の推進や法人指標にもとづく健全な事業運営のための予算の編成及び執行、決算業務の遂行、定期的な財務分析報告等の財務管理を担当します

 

労務管理

労務管理の目的は、法人の目標を達成できる職員を育成していくことです。
職員が安心して働くことができる労働環境の整備の推進や採用、人事、給与など職員に関する労務全般を担当します。

 

庶務

(1)職員研修

  1. 法人企画研修(年間計画で実施)
    高齢、母子業務執行担当理事および全施設の研修担当者とともに、年間計画に添って研修を実施します。
  2. 事務局職員研修(隔月実施)
    財務、労務、情報処理、個人情報等、事務職員に必要な知識やスキルを習得し、活用するための研修を実施しています。
  3. 海外研修
    研修積立金を財源に実施する海外研修の企画、航空券・宿泊・食事の準備から、報告会開催まで担当します。

(2)広報

「季刊しんあい」とウェブサイトを両輪として、地域のみなさまやご利用者、ご家族、また求職者のみなさまに法人の活動をお伝えしています。

  1. 季刊しんあい
    1982年に創刊しました。各施設から選出された編集委員により、年間4回、各号3500部を発行し、ご利用者、ご家族、地域関係者等に送付し、市役所はじめ地域の各所に置いていただいています。
  2. ウェブサイト
    2002年に開設し、2007年に全面的リニューアルをしました。以降も「よりわかりやすく、より伝わるウェブサイト」を目指して、毎年コンテンツの充実に取り組んでいます。2018年2月に求人情報専用サイトのRECRUIT GUIDEとFacebookの公式ページを新たに開設しました。
    法人サイトにおける理事からのメッセージと各施設からの季節のおたよりは毎月更新、職員ブログは毎日更新しています。

(3)災害・防災対策

施設横断会議である防災・防犯会議を中心に事業継続計画(BCP)を策定し、毎月実施する防災訓練にて検証します。また、災害時には各施設と連携し、被害状況・応援要請等の情報を集約し、法人内の連絡調整役を担います。

 

集約業務

(1)経理集約

経理業務の一部を集約し、業務内容を標準化することで、業務の効率化を図っています。

(2)介護請求集約

関係法令に基づいた正しい介護請求ができるよう、各施設・各事業をサポートしています。
また、集約業務の分担を交代制とし、業務の標準化を図っています。

(3)庶務集約

勤怠システムを活用した勤怠管理やその他のシステムの不具合等の迅速なサポートと、各施設担当者との情報の共有化を図っています。

 

事務局

〒183-0042東京都府中市武蔵台1-10-1[交通案内]

TEL 042-367-8801042-367-8802

webmaster@tama-dhk.or.jp

お問い合せフォーム