多摩同胞会

私たちは家族を支援します

文字の大きさ

法人トップ > あさひ苑トップ > あさひ苑から季節のおたより

あさひ苑

あさひ苑から季節のおたより

平成20年度 <2008年4月~209年3月>


お雛様

あさひ苑の玄関前には、この時期素敵なお雛様が飾られます。
江戸時代のお雛様といわれるもので、趣のある御顔立ちをしています。
毎年この時期になると飾られるので、デイサービスに来られるご利用者の方々も楽しみにされている方が多いようです。

2009年3月9日 あさひ苑職員N



梅

あさひ苑の日本庭園でも梅の花が控え目に可愛らしい姿で春を予感させています。もう少しするとシャクナゲの花が艶やかに花を咲かせてくれそうです。
待ち遠しい、待ち遠しい!と思っていた春はもうすぐそこまで来ているようですね。

2009年2月27日 あさひ苑職員T



節分

2月3日の節分の日にホームご利用者のとし男、とし女の方々5名と鬼に扮した職員で各フロアーをまわりました。
フロアーでは、鬼を心待ちにされ拍手と歓声で出迎えていただき、「鬼は外!福は内!」と豆をまきました。
前日から気合十分のIさんをはじめ、皆さんのお元気な声があさひ苑に響き渡り「鬼もびっくり」。皆、仲良く、めでたし、めでたし・・・。
豆まきの後は年の数とはいきませんでしたが、豆を頂き一年の「無病息災」を祈りました。

2009年2月16日 あさひ苑職員N



餅つき

昨年12月下旬に行われました『餅つき』
「これをやらなきゃお正月が迎えられないのよ!」と楽しみにされている声。
搗き手に反し手、そして我と思う女性陣は手慣れた手つきでせっせと餅丸めをしてくださいました。
皆さんの「よいっしょ!よいっしょ!」の掛け声が会場に響き渡り暮れの恒例行事は、大いに盛り上がりました。
もちろん最後は、皆さんで搗きたてのお餅を頬張り、「美味しいわね」と笑顔。
これでお正月が迎えられますとのお言葉を頂き一本締めで終了。
平成21年が皆さんにとって良い一年になりますようにと願いを込めて・・・。

2009年1月5日 あさひ苑職員F



にじますちゃん

今、あさひ苑デイサービスの話題と言えば12月2日に「発眼卵」という状態でやってきた「にじますの赤ちゃん」!
外は日毎に冬本番へ近づいているというのに自然の力は偉大です。順調にいけばあと1週間から10日で孵化してくれるはず・・・。ちゃんとお魚の形になったら川に放流する予定です。
「へえ~、いくらみたいだね。醤油付けにして食べるとおいしそう!!」とか、「大きくなったらやっぱり塩焼きだな。」「じゃあ早く名前書いとかなきゃ。」とか。皆さんとの話も盛り上がります。にじますちゃん、どうしても食べる話になってしまう私たちを許してね。気分は複雑だけど、早く大きくなあれ。

2008年12月18日 あさひ苑職員K



秋のお手紙

紅葉も色づく季節になり、朝夕肌寒さを感じる今日この頃。
日中になると、陽だまりは暖かく、のんびりとした時間が流れ、秋らしさを感じられます。 先日、ご利用者の皆さんと季節のお手紙を書きました。
テーマは「秋」。今、感じている事、思っている事を書いて頂きました。季節感のある、素敵なお手紙が書けました。皆さんで読みあったり、秋の出来事のお話しをしたり、楽しそうに過ごされました。お手紙はお部屋に飾り、皆様も大変喜ばれていました。

2008年11月18日 あさひ苑職員K



お便りを添えて

あさひ苑では、府中市事業として訪問食事サービスを行っています。
職員が日頃の出来事や家族のことなど、思い思いの手紙を書き(無記名)、お食事とともにお届けしています。
「毎回、楽しみにしているわ」との好評の声も多く聞かれます。
たまに「ぷっ」と笑ってしまう珍文もあり、これは誰が書いたのか無性に知りたくなってしまいます。
これからも、皆さんに喜んでいただけるようなお食事と心温まるようなお便りを届けていきたいと思っています。

2008年10月28日 あさひ苑職員S



「陽」

「陽」の言葉に込められた思い。太陽のように明るく、陽だまりのように暖かく・・・そんな思いが込められて書かれた漢字一文字は、敬老のお祝いの会で職員から贈られたお祝いの言葉の一つです。
それ以外には「和」「道」「透」等々。昨今の漢字ブームの世の中に合わせたものかどうかは…!? 漢字一文字で色々な想像が出来ますし、捉え方も人それぞれ。
思い思いの漢字に共通して言える事は、皆さんが大好きということ。
これからも一緒にあさひ苑で過ごしていけることを嬉しく思っています。

2008年10月6日 あさひ苑職員O



プランター

秋風と言うにはまだ少し暑さが残っていますが、日差しは間違いなく秋を感じさせてくれています。館内より南側を眺めますと、1階には情緒豊かな日本庭園が広がり、2階3階のバルコニーのプランターには色とりどりの花が咲き誇って、目を楽しませてくれます。
「あさひ苑の秋は素敵です。」
こんな風景と、バックからはクラシック音楽が、館内は涼やかな風が流れ、まどろんでしまいそうな昼下がり・・・。ここに、熱い紅茶が加われば、もうパーフェクト!そうこうしているうちに、秋は日一にちと深まって行きます。

2008年9月4日 あさひ苑職員K



納涼祭

今年の夏は猛暑となりました。あさひ苑にも暑い「熱い」納涼祭の時期が参りました。
ご利用者の皆さんにもご協力いただき、飾りやポスターをボランティアさんと一緒に作りました。花火や法被をモチーフにした夏らしいものとなりました。
お祭り当日、ご利用者・ご家族・ボランティア・職員の活気に満ち溢れた声が「和」となり、太鼓の音色と共に夏の夜空を彩ったことは、いうまでもありません。

2008年8月21日 あさひ苑職員Y



飛行場

7月21日は海の日ですが、あさひ苑が意外と海に近いのはご存知でしょうか?苑の近くにある調布飛行場から伊豆大島・新島・神津島まで定期便が就航し、大島までならほんの25分です。アクセスマップを見ていただければ分りますが、飛行場は目と鼻の先にあります。
飛行場に隣接して公園やお洒落なカフェもあるので外出活動で活用しています。

2008年7月24日 あさひ苑職員K



ぬか床

あさひ苑、厨房冷蔵庫には武蔵台(法人初代厨房)より代々伝わるぬか床があります。
このぬか床は、施設厨房が増えるごとに分けられた大切なぬか床です。
各施設ぬか床を作っている品(材料)は違うと思いますが、あさひ苑ではシンプルにいりぬか・昆布・唐辛子・生姜でぬか漬を作っています。
いろいろな野菜を漬けていますが、時々古漬がでてくる事もあります。
これからも旬の野菜を美味しく提供していきます!!

2008年6月30日 あさひ苑職員T



訓練中

お出かけが心地よい季節になってきました。あさひ苑では楽しく安全に外出活動が行えるようと車両研修を行いました。実際に職員も体験することで、より細やかな配慮を目指しています。もうすぐ衣替えの季節。市内デパートへの夏のお買い物外出を実施中です。

2008年5月26日 あさひ苑職員H



チューリップ

あさひ苑への飛田給駅と並ぶもうひとつの最寄り駅、西武多摩川線多磨駅ではチューリップが満開です。このチューリップ、もちろん、自然に生えたはずはありません。日曜日の朝に駅前を通ると、地元のボランティアの方々がロータリーに花を植えているのです。「きれいだな」という気持ちにさせてくれる、その裏には、地元の人たちのやさしい気持ちがあります。

2008年4月25日 あさひ苑職員U



あさひ苑

〒183-0003東京都府中市朝日町3-17-1[交通案内]

TEL 042-369-0080FAX 042-365-4683

asahi@tama-dhk.or.jp

お問い合せフォーム